記事一覧

「薄利多売」ほど難しい商売は、ない。

まちづくりエーターの田中宏児です。

「薄利多売」には、2通りあります。

1つは、同業者と同じ商品を多く売るために安くする。
1つは、定番商品を安くする。
薄利多売 

前者は、スーパーの本日の「おすすめ」と同じで個人のお店としては最悪です。

スーパーは、同じメーカー品を他店と差別化するには価格を下げることしかありません。
みなさんのお店は、メーカー品やブランド品だらけですか。
ここで大事なことは、同業者と同じものは扱わないことです。
メーカー品やブランド品にさよならする勇気を持ちましょう。


後者も時間の問題で閉店の可能性が大です。

もっと売りたいと思い「薄利多売」に走るお店です。
なぜそうするのか。
次の一手が無いからです。
その商品を安く売ると「商品に自信の無い」お店になります。
セット商品や新商品を作ることが大事です。


■あなたの店にオリジナルはありませんか■

飲食店であれば、味そのものがオリジナルです。
衣料品店であれば、デザインやプリントを考えて見ませんか。
雑貨店であれば、オリジナルブランドを作ったり、一点ものを置いてみませんか。

大事なことは、「適正利益」を考え、販売することです。


「人が集まればまちになる。」です。
====================
わたしは、セールスライターとして、あなたに合った最大で最適なことばをご提供します。
フリーランスの方だけでなく、自営業の方、店舗経営者も含めご依頼は、下記までご連絡ください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

地域活性化は、アイデアとアクションでどうにでもなる。
■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■
まちづくりのご相談、企画・立案、承ります。
講演、講座等のご依頼もお受けします。

クラウドファンディングにご相談もお受けします。

フリーランスの社名、肩書き、キャッチフレーズ、並びにこれからのフリーランスの仕事に必要なPRフライヤーの企画立案から作成をお受けします。

仕事のご依頼と料金は、こちらから

ご連絡は、下記メールアドレスへお願いします。
■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■ ■■■

づくりの仕方 FBページ
づくり仕方 
づくり仕方 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント